「注」の字に 絶対に!の気持ちが込められていますね

佐倉市JR佐倉駅・京成佐倉駅近くの ピアノ*フルート*ハープレッスン
《音楽教室澤村》です。お問い合わせはこちらです

 

楽譜には音やリズムだけではなく
大きさや速さ
そして
どんな風に繋げたり 切ったりして演奏したいの?
等 たくさんのメッセージや情報が込められています

W.A.モーツアルトのお父さん
L.モーツアルトの曲に挑戦している小学3年生のKちゃん

「左手がムズい」と言っていますが
滑らかに上手に弾けていますよ

それより今週のレッスンでは
楽譜に書かれているスラーの形を注意して弾くことにこだわりました

全体的に滑らかに弾きたい
という気持ちだけで弾くのではなく
作曲家が
「ここで息を吸ってね」
というメッセージに気がついたKちゃん

楽譜に自分で
「アーティキュレーション 注」
と書き込みました

「注」の字が
濃く太く書かれている所に
「絶対 間違えたくない!!」
という気持ちが込められているようです

ピアノを習う事と学校の成績が良くなる
と言われますが

ピアノをただ 弾くだけではなく

こんな風に
自身で気づき 直していく経験を繰り返すから
学校のお勉強も良くできる子に育っていくのかも知れません
LINEからもお気軽にお問合せ下さい

友だち追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました