ド根性も時には必要ですが楽な方法も知りたいですよね

佐倉市JR佐倉駅・京成佐倉駅近くの
ピアノ*フルート*ハープレッスン
《音楽教室澤村》です。
お問い合わせはこちらです。

 

「なかなか上手くいかなかった」
と楽譜を取り出した小2のKちゃん
コルトー作曲の「インディアンのおどり」
に挑戦しています。

発表会などでも取り上げられることのある
楽しいイメージの曲ですが
途中の左手の移動に苦戦している様子です。

最初の部分の左手はソーレ
途中に移動してミ―シ
「何か共通する所はないかな?」
Kちゃんに探してもらいました。

自分で見つける事ができました!

高さの違う音が2つ以上重なり合って響く音を「和音」といいます。
音と音との高さを数える時に「度」という単位を使います。
ソーレもミーシも同じ「5度の和音」です。

「度」について少しお伝えした後
同じ度数の和音の移動をするときの手の形についてのアドバイスをしました。

きっと次のレッスンではスムースに弾けるようになっているでしょう。

「来るまで何回もド根性で練習する」
って事も時には必要ですが
新しい知識を得る事で練習がグッと楽になることってあるんですよ。

music-salon-misa%e3%83%ad%e3%82%b4 音楽教室澤村

JR佐倉駅教室
月・火・水・金曜日

京成佐倉教室
ハープレッスン 午前中

体験レッスン受付中

お問合せ.お申込みはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました